ノンシリコンシャンプーとは何か

シャンプーとは、頭皮や頭髪を洗浄するための洗剤のことです。シャンプーの形状としては、粉末、固形、ペースト、液状などの種類があります。最近、このシャンプーという物にはシリコンが入っていて、頭皮の毛穴を塞いでしまうという話をよく耳にします。せっかく髪を洗浄しているのに、毛穴が詰まってしまったとしたならば、意味がありません。そんな中で、最近話題となっているのが、ノンシリコンシャンプーというシャンプーです。 ノンシリコンシャンプーとは、その名前の通りであり、シリコンの入っていないシャンプーのことです。シリコン成分とはメチコン、ジメチコン、シクロメチコン、アモジメチコンなどのことです。このシリコンの役割は界面活性作用。つまり、シャンプーが髪の油分が落ちすぎてしまうのを防ぐ役割。もう一つが髪をコーティングしてサラサラな状態にするという働きがあるのです。この作業により、地肌にもコーティングが施され、毛穴が詰まってしまうという状態が作り出されてしまうわけです。 ノンシリコンシャンプーは、シリコンが入っていないから、髪を綺麗に見せることができないのではないかと思われるかもしれませんが、そんなことはないです。普通のシャンプーと変わりありません。また、今までずっとシリコンシャンプーを使っていたから、毛穴がつまってしまっているのではないかと、心配になることもあると思いますが、大丈夫。きちんと詰まった毛穴を緩くさせるノンシリコンシャンプーも発売しています。シャンプーは毎日するものなので、地肌に優しく、健康的な物を使っていきたいですね。

Facebook にシェア

ノンシリコンシャンプーを使いましょう

ノンシリコンシャンプーは、アミノ酸シャンプーとも言われ、天然成分で、人の皮膚に優しいシャンプーです。安くて、大量に作れ、しかも変質の少ない化学薬品を使ったシャンプーは、長年にわたり、市場に大量に出回っていました。ノンシリコンシャンプーが注目されてきたのは、バイオ素材の使用が注目されてきた頃からです。実は、この、ノンシリコンシャンプーという言葉は、シャンプーを生産している側が作り出した言葉だと言うことです。 ノンシリコンシャンプーという言葉を直訳すると、シリコンが入っていないシャンプーということになりますが、実は、髪に悪影響を与えているのは、コーティング剤で、このコーティング剤のひとつにシリコンが使われていたのです。中には、プラスチック剤がコーティング剤として使われているシャンプーもあります。コーティング剤は、髪の呼吸を阻害します。その意味で、ノンシリコンシャンプーは、コーティング剤が入っていないシャンプーという意味で使われているのです。 安いシャンプーの中には、台所洗剤にコーティング剤を入れたようなものもあります。ですから、表示には十分注意したいものです。なぜなら、コーティング剤を入れないシャンプーは、石鹸で洗った時と同じような、かさかさした感じになってしまいます。なお、ノンシリコンシャンプーを使った後、シリコン入りのリンスやトリートメントを使っていては、何の効果もありません。ノンシリコンシャンプーという表示ばかりでなく、成分をよく読んで使用したいものです。

Facebook にシェア