ノンシリコンシャンプーを使いましょう

ノンシリコンシャンプーは、アミノ酸シャンプーとも言われ、天然成分で、人の皮膚に優しいシャンプーです。安くて、大量に作れ、しかも変質の少ない化学薬品を使ったシャンプーは、長年にわたり、市場に大量に出回っていました。ノンシリコンシャンプーが注目されてきたのは、バイオ素材の使用が注目されてきた頃からです。実は、この、ノンシリコンシャンプーという言葉は、シャンプーを生産している側が作り出した言葉だと言うことです。 ノンシリコンシャンプーという言葉を直訳すると、シリコンが入っていないシャンプーということになりますが、実は、髪に悪影響を与えているのは、コーティング剤で、このコーティング剤のひとつにシリコンが使われていたのです。中には、プラスチック剤がコーティング剤として使われているシャンプーもあります。コーティング剤は、髪の呼吸を阻害します。その意味で、ノンシリコンシャンプーは、コーティング剤が入っていないシャンプーという意味で使われているのです。 安いシャンプーの中には、台所洗剤にコーティング剤を入れたようなものもあります。ですから、表示には十分注意したいものです。なぜなら、コーティング剤を入れないシャンプーは、石鹸で洗った時と同じような、かさかさした感じになってしまいます。なお、ノンシリコンシャンプーを使った後、シリコン入りのリンスやトリートメントを使っていては、何の効果もありません。ノンシリコンシャンプーという表示ばかりでなく、成分をよく読んで使用したいものです。

Facebook にシェア